腰痛持ちで出張マッサージを受けました

腰痛持ちなので、けっこう長時間の移動やデスクワークが続くとかなり腰への負担が大きくなるので、日常生活にも支障が出ていました。特に出張中は、レンタカーを借りて移動するので、けっこう座っていることが多く、腰への負担が大きくなって困ります。なので、出張マッサージを利用して念入りに腰痛部分をマッサージしてもらいます。出張で定期的に利用しているビジネスホテルには、出張マッサージサービスがあるので、ホテル予約する際には一緒に出張マッサージも予約しています。腰痛ですが、骨格のズレなども大きく関わっているようなので、腰サポーターを利用して腰痛を改善するように工夫しています。出張マッサージでは、そういった部分のアドバイスを受けることもできるので、腰痛の根本的な悩みを解消することができ、色々と親身になって対応して下さり、安心してお任せすることができます。色々と充実したマッサージができるので、なかなか満足できます。

毎日がお祭りのような浅草

地方の人間が東京都言えば、何と言っても台東区浅草が誰もがイメージする一つではないでしょうか。
台東区の浅草と言えば東京を流れる隅田川沿いにあって、最近一躍有名になった東京スカイツリーが隅田川をまたいでいて撮影するのにも良い撮影スポットにもなっています。
浅草はには、隅田川の水上バスの発着所もあってここからお台場方面行きに乗船することもできます。
それでは、浅草の中心地をご案内致しましょう。
まず、毎日がお祭りのような賑わいの仲見世通りですが、大きな提灯で有名な浅草雷門を潜って真っ直ぐ浅草寺境内まで続く両側にお店が並ぶ通りです。
人通りが多いので、お祭りのようで初めて見た人はビックリしてしまいます。
この通りを散策しながら歩いてゆくと、浅草寺境内に入って正面に大きな浅草寺本堂が現れます。
そうそう、浅草寺と書いてせんそうじと読みますから、あさくさじなんて間違わないようにしましょう。
浅草寺の境内の中央に、ひときわ煙のモクモクと立ち上がるちいさな建物が有ります。
これは、ここの線香の煙をお参りに来た人が自分の身体の悪いところに煙をあてて良くなるようにとお参りするところです。
そして、奥の浅草寺の本堂にお参りをするのです。
ここに、たどり着くまで行きかう人の数が多いので、毎日がお祭りのように思える浅草が満喫できるのです。

ホームに戻る